ヘッドライン

  1. ホーム
  2. ヘッドライン
  3. 道路整備プログラムを策定/県県土整備部/圏央道全線開通へ/アクセス道路等で供用目標

2018/06/12

事業者:千葉県県土整備部

道路整備プログラムを策定/県県土整備部/圏央道全線開通へ/アクセス道路等で供用目標

 県県土整備部は「千葉県道路整備プログラム~圏央道の全線開通に向けて~」を策定した。圏央道大栄・横芝間の整備及び県境・大栄間の4車線化が財政投融資の活用により加速し、2024年度の供用目標が発表されたことなどを受け、圏央道の全線開通に伴う効果を県内に波及させる道路や、成田空港などへのアクセス強化に資する道路などを重点的かつ計画的に進める。
 プログラムでは、具体的な施策として▽首都圏の骨格となる高規格幹線道路等の整備、強化▽全線開通効果を県内に波及させるためのアクセス道路等の整備▽成田空港や千葉港等へのアクセス強化に資する道路の整備▽県境を連絡する道路の整備――に取り組むこととし、圏央道の全線開通の24年度までに供用を目指す「圏央道の全線開通までに供用を目指す路線」と、県内の幹線道路ネットワークをさらに強化するため「引き続き整備を推進する路線」を選定した。
 広域的な幹線道路ネットワークが着実に整備される中で、整備効果を県内各地に波及させるため、銚子連絡道路、長生グリーンラインなどの高規格道路、高速道路のインターチェンジにアクセスする国道・県道や県境を連絡する道路の整備を強力に推進していく。
 圏央道の全線開通までに供用を目指す路線は次の通り。(①区間等②供用目標年度)
 【首都圏の骨格となる高規格幹線道路等の整備強化】
 ▽圏央道=①大栄・横芝間②24年度▽圏央道=①県境・大栄間4車線化②24年度▽圏央道=①(仮称)茂原長柄SIC②19年度▽圏央道=①大網白里SIC②18年度▽館山道=①木更津JCT・富津竹岡IC間4車線化②18年度▽京葉道路=抜本的な渋滞対策②―
 【全線開通効果を県内に波及させるためのアクセス道路等の整備】
 ▽国道126号銚子連絡道路(山武東総道路二期)=①横芝光町芝崎~匝瑳市横須賀間5・0㎞②21~23年度▽同(八木拡幅)=①銚子市親田町~旭市八木3・0㎞②21~23年度(部分開通)▽国道356号(銚子バイパス)=①銚子市芦崎町~銚子市長塚町3・0㎞②21~23年度▽同(小見川東庄バイパス)=①東庄町笹川イ~新宿4・0㎞②21~23年度▽国道409号長生グリーンライン=①長南町千手堂~坂本1・5㎞②19年度(部分開通)▽同=①長南町坂本~茂原市台田2・5㎞②21~23年度(部分開通)▽国道297号(松野バイパス)=①勝浦市松野1・9㎞②18年度(部分開通)▽国道410号(久留里馬来田バイパス)=①君津市大坂3・5㎞②21~23年度▽県道千葉茂原線(SICアクセス)=①茂原市国府関0・3㎞②19年度(SIC接続)▽県道千葉大網線(SICアクセス)=①大網白里市池田0・4㎞②18年度(SIC接続)
 【成田空港や千葉港等へのアクセス強化に資する道路の整備】
 ▽北千葉道路(直轄施行区間)=①成田市船形~成田市押畑3・8㎞②18年度(暫定2車線)▽東京湾岸道路(一般部)=①舞浜、塩浜、船橋、蘇我②―▽県道越谷流山線((仮称)三郷流山橋)=①埼玉県三郷市前間~流山市三輪野山2・0㎞(埼玉県取付部含む)②23年度(有料道路事業により整備する場合)▽県道境杉戸線=①野田市関宿台町0・8㎞②21~23年度

会員様ログイン

お知らせ一覧へ