ヘッドライン

  1. ホーム
  2. ヘッドライン
  3. 限度額1億円の債務/市民会館再整備へ基本設計/中等教育学校は実施設計等/千葉市補正

2021/11/24

事業者:千葉県千葉市

限度額1億円の債務/市民会館再整備へ基本設計/中等教育学校は実施設計等/千葉市補正

 千葉市は26日開会の第4回定例議会に、一般会計補正予算案第11号と下水道事業会計補正予算案第1号を上程する。一般会計においては、市民会館再整備基本設計について、2022年度までを期間とする限度額1億900万円の債務負担行為を設定。さらに、稲毛国際中等教育学校(現・稲毛高等学校・附属中学校)の校舎等大規模改造実施設計およびエレベーター設置に係る土質調査に、22年度までを期間とする限度額8600万円の債務負担行為を定める。
 小学校通学路安全対策施設整備工事に2億9000万円を計上し、安全点検で危険性があると認められた箇所うち、市で実施すべき全ての箇所について路肩のカラー化などの安全対策を実施する。
 平和公園拡張建設に、22年度までを期間とする限度額1億9000万円の債務負担行為を設定。平和公園A地区における23年度の合葬式樹木葬墓地供給開始に向け、調整池築造工事と電気設備工事を実施する。
 また、下水道事業会計では下水道整備(工事21件、設計5件)について、22年度までを期間とする限度額18億円の債務負担行為を設定。一般会計における市有建築物計画的保全(工事11件、設計等20件)、道路整備(工事38件、設計等14件)、河川整備(工事1件)、排水施設整備(工事3件、設計1件)とともに、施工時期の平準化を図るため前倒して措置する。
 一般会計については、18億1998万4000円を追加し、総額を4917億2884万8000円とする。
 そのほか、一般会計における主な歳出等は次の通り。
【土木費】
 ▽急傾斜地崩壊対策工事=1億2500万円
【教育費】
 ▽小学校エレベーター設置委託=3232万7000円▽小学校エレベーター設置工事=3億7388万2000円▽中学校エレベーター設置委託=647万2000円▽中学校エレベーター設置工事=7450万2000円▽中学校校庭整備工事=1億6800万円
【繰越明許費】
 ▽道路維持事業=1900万円▽交通安全施設整備事業=3億6500万円▽河川改修事業=1億2800万円▽急傾斜地崩壊対策事業=1億2500万円▽大宮団地緑地災害復旧事業=2億4206万5000円▽泉自然公園トイレ改築事業=7200万円▽小学校エレベーター設置事業=4億620万9000円▽中学校エレベーター設置事業=8097万4000円▽中学校校庭整備事業=1億6800万円
【債務負担行為】
 ▽市民活動支援センター施設管理運営(22~26年度)=限度額9996万円▽子ども交流館施設管理運営(22~26年度)=限度額5億2004万1000円▽子育て支援館施設管理運営(22~26年度)=限度額3億3859万8000円▽富田都市農業交流センター施設管理運営(22~26年度)=限度額1億6297万9000円▽市有建築物計画的保全(22年度)=限度額6億3000万円▽道路整備(22年度)=限度額11億円▽河川整備(22年度)=限度額400万円▽排水施設整備(22年度)=限度額3億4700万円▽蘇我スポーツ公園用地取得費(22~41年度)=限度額230億円▽蘇我スポーツ公園施設整備費(22~41年度)=限度額100億円▽蘇我スポーツ公園スケートパーク等管理運営(22~24年度)=限度額4500万円▽椎名小学校ほか4校小学校エレベーター設置実施設計(22年度)=限度額6500万円▽花見川第三小学校ほか2校小学校上水道設備改修(22年度)=限度額6800万円▽本町小学校ほか10校小学校施設環境整備実施設計(22年度)=限度額1億5100万円▽草野中学校ほか1校中学校上水道設備改修(22年度)=限度額1億800万円▽打瀬中学校ほか1校中学校施設環境整備実施設計(22年度)=限度額3400万円▽科学館施設管理運営(22~26年度)=限度額19億8586万5000円

会員様ログイン

お知らせ一覧へ